最近のトラックバック

経済・政治・国際

LOHAS

先週から風邪をひいてるの。何とか会社には出社しているけど、タンや鼻水となかなか別れられない日々が続いていることよ。神戸遠征記は下書きしたので、あとは写真を載せるだけなの。後日アップする予定よ。

先月はとても暇だったけれど、今月は仕事が忙しくなりそうな悪感がするわ。というか、予感じゃなくてほぼ確定なんだけど(´o`)。国体はおろか、福島遠征もままならないかもしれないわ。でも何とか仕事を片付けてサッカー見に行きたいのよね。

ときに、LOHAS(ロハス)という言葉を、ワールドビジネスサテライトで初めて知ったわ。よく分からないけれど、今や日本の消費者の30%はLOHASなんですって。

LOHASとは、Lifestyle Of Health And Sustainabilityの略で、健康と持続可能性を志向した生活様式、という意味みたい。番組では、下図のような表を使って、特徴を説明していたわ。

    私に優しい
      ↑
ヒルズ  |  ロハス
      |
―――――――――→ 地球に優しい
           |
ニート   |   エコ
      |

多少値が張っても、環境や健康に配慮した商品を選ぶ層でもあるそうよ。そういった人たちがマジョリティになったということは、環境保護や健康への関心の高まりに加えて、景気回復の表れなのかな、とも思ったわ。(左下の部分に”ニート”を当てはめるのは正直?と思ったけど)

モデルとして出演していた人は、移動手段として自転車を使い、自宅にはミネラルウォーターのサーバーを配備し、水筒を携帯していたの。今盛んに宣伝されている、オール電化住宅とか太陽熱発電機、ハイブリッドカーなどは、まさにLOHAS的商品でありサービスと言えそう。

LOHASをターゲットとした商品選定の会議が放送されてたけれど、そこで紹介されていた「紙の気化を利用した携帯加湿器」というのは、実際に欲しくなったわ。外側はプラスチックで、中に扇子みたいな形をした厚紙が入っているの。その紙を水で濡らし、紙が乾く時に放出される水分で身の回りを加湿するらしいわ。手のひらサイズで携帯に便利で、電源が要らず半永久的に使えるらしいの。鼻で呼吸ができず、冬の朝にいつも喉が乾燥してしまうのが悩みのアタイには、必需品かも♪

アタクシもどっちかっていうとLOHASっぽいのかも。玉子はちょっと高めでも放し飼いのやつを買うし、洗剤とかも環境に優しそうなのを選ぶ傾向があるわ。まぁ、毎日買っているお茶はペットボトルだし、移動手段が自転車や電車なのは免許を持ってないからだから、そんなにこだわった生活はしてないわね。

ドイツでは環境保護の意識が高く、割高な風力発電をあえて選ぶ人も多いらしいの。それに比べて、日本ではあまり無理をしない程度に、LOHAS的消費を、ファッションとして楽しんで行う人の方が一般的みたい。第一、風力発電なんてオプションはないし。

とりあえず、今後免許を取っていないことの理由を聞かれた時には、「LOHAS志向なので」と切り返すことができそうだわね。ていうか、そもそもLOHASなんて言葉、皆知らないような気がするけど・・。