最近のトラックバック

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

浦和・大宮・大原

4/27 晴れ 後 雷雨 後 くもり

☆浦和レッズレディースvsアルビレックス新潟☆ @埼スタ

結果:4-1で浦和の勝ち

9時起床。11時45分頃に到着。長蛇の列に驚いたが、観客数は普通。浦和のフォーメーションは、こんな感じでした。

前半
    北本 安藤
  高橋 柳田 法師人
      庭田
西口 矢野 田代 土橋
      山郷

後半
    窪田 北本
  柳田 安藤 法師人(→保坂)
      庭田
西口 矢野 田代 高橋
(→岩倉)山郷

雑感
・土橋優貴は予想通り、攻守に活躍してたわ。連携不足でヒヤッとしたミスもあったけど、良くなっていくはずよ。
・安藤、柳田、矢野のプロ契約(矢野もそうよね?)選手は、やはり安定していました。安ちゃんのキープ力、ドリブルには痺れました・・。
・庭田は、守備、ボール捌き共にまずまずの出来だったかしら。ベレーザの酒井みたいなタイプね。
・西口は復帰初戦だったが、土橋と同様に、左サイドでキレのあるプレーを見せてたわね。途中交代で入った岩倉も、果敢なドリブル突破→シュートを行うなど、積極的だったわ。
・山郷もあまり出番は無かったが、好セーブを見せてたわね。失点は、不得手なパターンだったみたいだけど(^^;
・中島未来(新潟)のループシュートは、敵ながらあっぱれだったわ。バック転にも恐れ入ったことよ。

前半は、浦和が圧倒的な攻勢だったわ。でも、新潟がドン引きでなかなか崩せず、セットプレーで何とか得点した感じ。後半は、守備のバランスが崩れ、新潟が途中までペースを握ってたわ。3-2になったらヤバいと思ってたけど、北本の綺麗なゴールで、突き放したわね。

終了後の会見で、安ちゃんが「2点目はバッチリだった」「リーグ戦は優勝するつもりで頑張る」など、ジョークも交えたりして、アグレッシブ(?)な発言をしてたの。雨でも降らなきゃいいけど、と思ってたら案の定、試合後スコールに見舞われたわ(涙)。代表でスタメン落ちしたことがきっかけだったのか、昨年よりプレーに積極性が感じられるし、一皮剥けてしまったのね・・と感慨深く、しみじみした気持ちにさせられたことよ。

♪大宮アルディージャ vs バンフォーレ甲府♪ @駒場

結果:1-2で大宮の負け

また不甲斐ない試合。藤本主税がピリピリしてるし、吉原は試合後にいつも他の選手を批判してるし、この二人がチームの雰囲気を悪くしてるんじゃないかしら。選手が全く連携せず、個人でプレーしているように見えたわ。

久永が居てくれれば、プレーでカツを入れてくれたんじゃないかと思うけど。あの炎のような魂のドリブルをまた見たいものよ♪もち大宮でね。サーレスは、去れす!と思ってしまったわ。

4/28 快晴
★日テレベレーザvs大原学園JASRAC★ @西が丘

結果:7-1でベレーザの勝利

ベレーザの布陣は、こんな感じでした。

前半
       荒川
    大野 澤 小林
     酒井 伊藤
中地 岩清水 豊田 近賀
       松林

後半
   大野  荒川  永里
         澤
    酒井     伊藤
宇津木 岩清水 豊田 中地
         松林

雑感
・小林のポジショニングの良さ、クロスの正確さには脱帽。前半の得点は、殆ど彼女のアシストなのでは?
・伊藤のCKもすごく正確。
・大野はふかしてた。
・近賀は澤に注意されてた(^^;
・新甫(大原)は、守備から攻撃に渡るまで、大車輪の活躍。
・井上、中川、楯石、有町(大原)なども頑張ってたわ。

序盤こそ大原がベレーザ陣地内に攻め込んだけど、流れはすぐに逆転したわ。小林からの正確なクロスに荒川が飛び込む、というパターンで得点が次々に決まるの。小林のクロスは脅威と感じたわ。大原の選手達はベレーザのパス回しに翻弄され、新甫が度々「落ち着け~」と言ってたのが印象的だったわね。

後半は、大原もベレーザのペースに慣れ、大分落ち着いて対処してたわ。ベレーザは3トップにしたことで中盤が薄くなり、大原がボールを奪いやすくなったのかも。松田監督は荒川に代え原菜摘子を入れることで、バランスを取り戻そうとしてたわ。ベレーザの中核が澤とすると、大原の攻守の中心は間違いなく、新甫選手だったわね。

新甫は小さい体で動き回り、フリーの位置でボールを受け、ボールを捌くだけでなくドリブルしてスルーパスを出すなど、縦横無尽の活躍ぶりだったわ。ベレーザに一矢報いた得点も、新甫選手からのスペースへのパスが基点となったものだったし(だったわよね・・?)。確かな戦術眼を持つボランチとして、前線と守備のバランスをうまくとってたことよ。土橋や中野が退団した穴は大きいだろうけど、今年の大原が残留できるかは、新甫にかかっているといっても過言でないほどの存在感だったわ。あと、3番の選手(井上)の頑張りも目を見張るものがあったわよ。

掲示板でも書かれていたけれど、大原はベレーザの選手にも当たり負けしないフィジカルとスタミナを皆持ってるので、今後どんどん伸びていきそうな予感がするわ。ベレーザ相手に引くのではなく、前半から果敢に立ち向かっていったことが、後半の好プレーにつながってたんじゃないかしら。ここら辺は、他チームも見習っていいんじゃないかと思ったことよ。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »