最近のトラックバック

« 2006年9月 | トップページ | 2007年3月 »

2006年10月

松任谷由実コンサート

昨日wowowで放映された、今夏のユーミンコンサート@埼玉スーパーアリーナを見たわ。

最初は最近の曲で、CMのタイアップ曲とかが多かったかしら。60年代のアメリカ風(?)な衣装や装飾がかわいらしかったの。ルージュの伝言とかの選曲もぴったりだったわ。

途中からwonderer,埠頭を渡る風などハードな曲となり、まちゃまちゃのようなオールバックかつモヒカンっぽい髪型で、80年代の不良みたいな(又は米米クラブっぽい)きらきらの衣装に変貌し、とても格好よかったのよ。そして三菱iのCMで流れている時空のダンスにおいては、光の演出もあって神々しい雰囲気に包まれていたわ。

最後は守ってあげたい、destiny等の定番で締めていたわね。今回のコンサートでとにかく度肝を抜かれたのは、80年代不良風の奇抜な髪型と衣装だったわ。2004年の逗子マリーナ(wowow)も良かったけれど、今回はよりパワフルで、個性的な演出が見れてよかったわ。

浦和レッズレディース vs 岡山湯郷Belle

先週からひいていた風邪もどうやら治まり、今日は久々にS子と駒場まで観戦に行ったわ。北浦和駅から向かう途中、S子がお金が無いことに気づき、コンビニまで下ろしに行く、と言った時に、アタイもぎりぎりしか持ってなかったの。何とか2人分のチケット買う位はあったので良かったけど、OLとしてあるまじきだわ・・と自省したことよ。

試合は3-1で浦和が勝ちました。アタイ的には、今日のMVPは柳田だと思ったわ。守備に攻撃に最も走り回り、特に、相手の攻撃の芽を潰す執念には恐れ入ったことよ。北本も見事なシュートを決めたし、思い切りよくはつらつとしたプレーを見せてくれたわね。窪田も、本人はゴールシーンを「おいしかった」と謙遜していたけど、FWとして詰めの良さは褒められるべきだと思う。プレーもアグレッシブで、心意気のようなものを感じさせてくれたわね。

田代も男子のトゥーリオを思わせるような、前線への思い切りの良い攻め上がりを見せ、攻守共に気迫のこもったプレーだったわ。保坂がこぼれ玉から素晴らしいミドルシュートを決めたけど、田代が得たCKから生まれたものだったしね。久々にスタメンだった法師人は、ミスもあったけれど負けん気の強さを発揮し、強引に(?)突破するシーンが何度もあったわ。木原、岩倉、高橋、笠嶋もベテランらしいプレーで、試合に落ち着きをもたらせていたと思うの。

ちょっと心配なのは、安藤ね。後半、右SHに入ってからこそドリブルによる突破が見られたけれど、トップ下の位置だとマークがきついせいか、ボールを簡単に失うシーンが散見されたわ。湯郷のエース、宮間あやも徹底的にマークを受けていたし、しょうがないのかもしれないけど。ポジショニングや相手の意表をつく飛び出しなど、更に磨きをかけてまたレベルアップしてほしいわね☆(安ちゃんに対してこんなこと言うなんて、我ながら僭越だわ・・)

試合は後半やや停滞していたきらいもあったけれど、保坂の目の覚めるような気持ちいいシュートも見れたし、満足よ。写真渡し会でも北本や若林とちょっと話せたし♪練習後とかに声をかけるのは難しいけど、こういった機会があると自然に話せるので嬉しかったわ。

試合後は新宿に行き、来週行われる友人の結婚パーティの引き出物をモザイク通りで買い、東口駅ビルの蕎麦屋で夕食を食べて家に帰りました。蕎麦屋の食事は大変おいしかったのだけど、レジ打ちが間違っていたので指摘したところ、その子は謝りもせずムッとした様子で打ち直してたわ。「すいませんでした」の一言があれば何とも思わなかったのだけど・・。

職業柄、やはり会計を間違えることにはつい厳しい目で見てしまうのかもしれないわ。間違えるのはしょうがないけれど、店員の立場としては、うまく立ち回ることも重要ではないかしらね。皆さんもお会計は、注意して確認した方がよろしいかもしれなくてよ(^^;

« 2006年9月 | トップページ | 2007年3月 »