最近のトラックバック

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

なかなか、いいわよぉ〜

その調子で頑張んなさい♪(三田佳子)

とほめ言葉をかけたくなるようなサービスが始まったわ。

http://mobazilla.ax-m.jp/

携帯で、パソコン向けサイトを見やすく携帯用に
変換してくれるの。Googleはもちろん、Wikipediaも
トップページにリンクされてるし、さらには英辞郎も
使えるのよ。今のところ利用は無料だし、余計な
広告も入らないわ。

早速、jig webサービスを解約して乗り換えたけど、
全く不自由ない生活を送ってるの。お試しになる
場合は、上のアドレスを携帯に打ち込んでください。

備忘

8/13 森のリトルギャングを鑑賞(@新宿)

はっきりいって子供向けの映画だが、スリリングな展開にきゃーきゃー言いながら観ていた。隣の友人も迷惑だったと思う・・。迫力はあるけど怖くはないので、適度に気分転換したい人(?)にはオススメ。

8/19

日中 L2 A.S.エルフェン狭山vsバニーズ京都 を観戦(@鴻巣)

チームとしての意思統一がされ、安定したプレーを見せるエルフェンに対し、ミスが目立つ京都。狭山の2点目、菅野久美子のロングシュートは素晴らしかった。また狭山の13番、山崎円美選手は大柄で突破力もあり、今後の活躍が期待できる選手。狭山が3-0で勝利。狭山は調子を維持できれば、上位進出も見えてきそうな戦いぶりだった。

夕方 大宮アルディージャ vs 川崎フロンターレ戦を観戦(@熊谷)

斉藤雅人のミスによる失点から、リズムが崩れた大宮が立て続けに3失点。大宮はチャンスをことごとく決められず、アンラッキーなジャッジもあり、支配率、シュート数で川崎を上回りながら、1-5の大敗。片岡のCBは重荷だったか。右SBは波戸より西村の方が、積極的で良い動きをしている気がした。それにしても川崎の攻撃力は驚異的だった。サイド、中央共に、加速させるスペースを与えてはいけない。

8/20 なでしこリーグ オールスター2006を観戦(@国立)。

L2の試合の抽選で当たったペア招待券を利用。原歩が満面の笑みを浮かべながら答えたインタビュー、高槻の名プレーヤー・相澤舞衣選手のゴールを生で観れたことが嬉しかった。WESTの大谷の裏へ抜ける一瞬のタイミング、スピードにも感嘆した。

後半、EASTの松田監督はベレーザ色を前面に出した布陣にしたが(村岡も元メニーナ、柳田・増田も元ベレーザ・・)、WESTに負けたのは痛快に感じた。オールスターの監督で、あれだけ自チームの選手に偏って登用するのは珍しいと思う。

ともあれ、次週からL1が再開される。因縁の対決、浦和vsマリーゼ戦の観戦が非常に楽しみだ☆

クマ

お疲れ様です。週末の会社移転、自室掃除などの超ハードワークのせいでクマができてたんだけど、ちょっと治ってきたわ(=^-^=)。今までは1日で回復してたのに・・・と思うとちょっとブルーではあるけれど。慢性的なクマの原因は血行不良やストレスらしいので、規則正しくのんびり生活しようと思ったことよ。

今日も要領悪く一人で残業してたら、1年近く会ってなかった飲み友達、それに学生時代のバイト仲間から飲みのお誘いを受けたの。何となくやるせない気分で仕事をしていた時に、立て続けにメールが来たので、何ともありがたく、嬉しい気持ちになったわ。明日は心置きなく呑んできます♪

今見たい映画

森のリトル・ギャング」と「笑う大天使」。「森の~」は、今日たまたま会社の先輩が、家族で見に行ったという話を聞いていたの。今リンク先のブログを読んでたら、猛烈に見に行きたくなってしまったわ。

「笑う~」は、姉がコミックを持っていて、読ませてもらっていたの。映画も出来が良いみたいで、ぜひ観てみたいわ。でもま、これはTV放映まで待ってもいいかな・・。

その他、宮部みゆきの「ブレイブストーリー」や、映画化が予定された、あさのあつこ「バッテリー」なども興味があるわ。どちらも何となく気が引けて、原作を読んだことがないのだけれど、「嫌われ松子の一生」も原作を読むまでは食わず嫌いだったし、自分の気持ちに素直に従って読んでみようかしらと思うわ♪

嫌われ松子の一生

今日は移転後初の出勤だったの。移転先のビルは結構快適だけど、仕事のやり方がすっかり変わっちまったので、慣れるまで一苦労よ。朝定期を買い忘れ、帰りも窓口が既に閉まっていて、SUICA残高が無駄に減ってしまったのが悲しかったわ。とにかく疲れ果てました。

タイトルの「嫌われ松子の一生」ですが、2週間位前に見に行ったの。中島哲也監督の作品というと「下妻物語」を思い出したのだけど、TVで観た時、最初の10分間位で悪趣味な印象を受け、見るのをやめてしまったのよ。今回は原作を読んでから、映画もぜひ観てみたいと思っていたので、多少キッチュな場面があっても気にしないことに決めたの☆

主人公である松子の甥が、殺害された叔母のルーツを探っていき、さまざまな出会い、発見をするという物語よ。松子は教師時代に万引き犯の濡れ衣を着せられ失職し、トルコ嬢として成功したものの、愛人を殺害して服役してしまう。刑務所で美容師の資格を取り、出所後就職して出直したものの、欠落感を埋められない日々を過ごしていたわ。偶然再開した、教師時代に自分を慕っていた教え子に人生を全て賭けるかのごとく、同棲を始めるの。その教え子にも結局捨てられ、故郷の唯一の肉親である弟からも勘当され、帰る場所が無くなった松子は、引きこもり生活に入ってしまう・・ という展開よ。

松子は父の愛を、病気がちだった妹に独占され、成人してからも常に、「愛される安心感」を求めていた気がするわ。がんばって勉強したのも、父に認めて欲しかったから。愛を求め不器用に生きる松子の姿を不憫に思い、映画の途中から最後まで涙が溢れ止まらなかったわ。故郷の筑後川を思い出して、荒川の土手で泣いているシーンとかも切なかった。何となく、自分も松子のように、常に欠落した何かを求めるような人生を送るんだろうって、思えて仕方なかったの。友達と見ていたので、極力泣いていたのをばれないようにはしたけどね・・(^^;。

原作とは若干、話が違う部分があるが、ミュージカル風の演出は楽しめたし、全体的に満足の行く出来栄えだったわ。うすうす「負け犬」人生を送る予感がしてる人は、松子の生き様を、切実に感じられること請け合いだわよ♪

エアコン

本日、自室にエアコンが入りました。機種名はシャープのAY-T22SBC。近くの量販店で、工事費込み49,000円程で買ったの。エアコンの性能や環境問題にも関係するという、真空引き(真空ポンプによるエアパージ)工事をやらない業者が多いということをネットで聞いていたので、自社の社員が工事すると聞き、そこの量販店で購入したのよ。

昼頃に工事の方が2人で見え、作業は1時間程度で終了。工事前に、真空ポンプのエアパージ実施の件は確認したので、問題なかったと思われるわ。念のため、5年間の延長保障にも入っといたし♪ ただ、作業するために、隣の家の駐車場に入らなければいけないと言われた時に、「一緒に挨拶しに行くので、工事前に呼んでください」とアタイは答えたのに、いつの間にか勝手に入って工事を終えてしまっていたようだったの。しかも、取り付けられたエアコンを見に行ったら、エアコンの真下に、工事の時に出たと思われる白い粉が大量に落ちてたのよ・・。

事前の約束を守らず勝手に駐車場に入り、さらに現状回帰の後処理も省略するようなことでは、肝心の工事内容にも疑問が残るわ。自社が工事を行っているということで、安心していたけれど、もしかしたら業者委託の方が、トラブルを起こしたら契約を解除される恐れがあるので、より真剣に工事を実施してくれる可能性が高いんじゃないかと思ったの。今年、別の量販店で東芝のエアコンRAS-285GDRを居間用に購入して、委託業者ということで少々不安だったけれど、丁寧に工事をしてもらったわ。とにかく、今回シャープのエアコンを買った量販店では、今後一切、工事が必要な商品は買いたくない気分よ。

肝心のエアコンの性能は、東芝は素晴らしいわ。除湿しか使ってないけど酷暑の日でも快適だし、空気清浄・換気機能のせいか、空気も美味しいと感じるの。プラズマクラスターやAg+を除菌、脱臭用に使っているらしいけど、特に変な臭いとかもないわ。フィルターを勝手に掃除してくれたり、熱交換器やファンのカビ予防に使用後、自動乾燥してくれるのも嬉しいわね。一番良かったのは、リモコン画面で、電気料金の確認ができることかも。省エネを実感できるし、真夏でも2,000円/月程度で済みそうな感じよ(^^)v。

シャープも、一番安いモデルではあったけれど、基本性能は問題ないと思うわ。除菌イオンや空気清浄フィルターの効果は分からないけれど、やはり東芝の方が値段の分、空気の質は高い気がするの。工事不備でもあったとしたら商品を交換してもらうつもりだけど、今のところは大きな不満も満足もないので、様子見するつもりよ。

小林大悟 代表選出!

お久しぶりよ。今日は会社の引越しで疲れたわ。明日も、会社に行かなきゃならないし・・。でも今度の勤務地は家から近くなるので、ちょっと嬉しいの。ただ、所属長が始業時の30分前には出勤しているらしく、朝が苦手なアタイとしてはちょっと複雑な気持ちよ。

自室用に安物のエアコンを購入して、日曜に工事があるの。長年エアコンを欲しいと思っていたのに、買った当初は、分不相応なぜいたく品を買ってしまったという、何とも言えないやるせない気分になったことよ・・今はもう設置が待ち遠しく思ってるのだけど。ただ、設置予定場所の真下に本棚があり、工事に備えて本棚を移動したり部屋を掃除したりしなきゃいけないと思うと、ちょっと憂鬱だわ。それでも、あの寝苦しい夜の暑さから解放されるのだと思うと、今年の夏はいつもより快適に過ごすことができそうで、大変楽しみよ☆

大宮の小林大悟が、ついに日本男子代表に選ばれたわね。他に選出された選手も含め、13人の顔ぶれはフレッシュで、皆将来性豊かな感じだわ。派手さは無いけれど、チームのために汗をかき、走ることができる選手が選ばれたという印象よ。大悟はトップ下か前目の位置だとは思うけど、ぜひとも得点に絡む活躍をしてほしいわ(^^)v。ツンデレ桜井様と一緒に選ばれたら、なおのこと良かったのだけど・・(追加召集キボンヌ♪)。

そろそろ夏休みの季節(?)ね。今年は大阪方面への旅行を計画しており、前回行けなかったそごうの心斎橋本店や、「女帝」の舞台となった南港にも行ってみたいわ。J観戦もしたいし、足を伸ばして直島や、帰りに金沢21世紀美術館などにも寄れたらいいなと思ってるの・・って欲張りだわね。

最近気になっているのは、YAHOOが始めた月額2,100円(モデムレンタル料込み)の8MのADSLサービスよ。今はACCA50Mを使っているのだが、アタイの家は局から遠いので、下りで1Mがせいぜいなの。料金が半額近くになるのであれば、これは変えない手はないような気がするわ。他ISPの同価格帯サービスだと1Mや3Mなので、最大8Mという速度がとても魅力的なのよ。ココログもベーシックであれば、250円位で維持できるし。

どうもこのところ、仕事ばかりで遊んでおらず、サッカーや物欲・消費欲に向かいすぎている気がするの。何かを買うたびに、また別のモノが欲しくなってくるし(ちなみに今狙っているのは、CCPの布団も掃除できるハンディクリーナーよ・・)。旅行に行ってのんびり、落ち着いた時間を過ごしてリフレッシュしたいわぁ。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »