最近のトラックバック

« ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜Fマリノス | トップページ | サッカーマガジン »

浦和レッズ vs 大宮アルディージャ

今年初めての埼玉ダービーに行ってきました。DF,FWはある程度予測がつくので、中盤のボランチの位置に誰が来るのかを考えていたわ。

小林慶行と佐伯のコンビが磐田戦でやれるという手応えがあったみたいだけど、今日は相手が強いから、マーカスと片岡で守備的に行くかもしれないとか、あるいはマーカス(守備)+小林、佐伯という組み合わせもありそうだわ・・とか。守備には高さのあるマーカスを据え、攻撃の基点に小林、という布陣も面白そうだと思っていました。

大宮のスタメンはこんな感じ↓。キープ力、展開力のある小林慶と桜井をトップ下に置き、サントス対策に久永、欠場した藤本の位置に大悟、1対1に強い冨田を奥野の代わりに配置したのが特徴的だったわ。

     森田
大悟 慶行 桜井 久永
      純
土屋 冨田 トニ 波戸
     荒谷

試合開始直後から、土屋にボールが渡る度に、ものすごいブーイングが起きてたの。選手紹介の時から耳をつんざくような罵声を浴びていたので、何かしら起きるとは思ったけど、予想を遥かに超えていたわね。選手だって普通の人間な訳で、心中を思うと胸が痛くなったわ。自らに課せられた「罰」として受け入れるかのように、黙々とプレーしている土屋の姿が印象的でした。

試合は、ボールをキープ「させられ」る大宮と、カウンター狙いの浦和、という構図だったの。大宮の堅守からゴールを奪うには、ゴール前に引き気味にさせるよりも、あえてラインを上げさせ、裏を一気に突破する方が得策だと浦和が判断したのだと思う。対する大宮も攻守の切り替えが早く、ラインを上げつつも、中盤とDFの選手が一体となってボールに向かっていたので、一進一退の攻防が繰り広げられたわ。

今日の試合で一番良いと思ったのが、冨田よ。前半、小林大悟のCKに頭から泥臭く突っ込み、ゴール内にいた平川に跳ね返されたけど、得点を狙う執念を感じさせられたわ。ワシントンとの1対1でも守りきってたし。アタイが勝手に思っている大宮の魅力、「一生懸命さ」を最も体現している選手の一人ね。

前半の終了間際、トニーニョの判断ミス(?)をワシントンに決められて先制されたの。冨田との慣れないコンビで連携に綻びが出たのかもしれないけれど、あれはいただけなかったわね。逆に、ああいったゴールチャンスを逃さずモノにするワシントンの執念を、今の大宮は見習うべきだと思ったり。

Sa340065_1
↑SA指定席から見たゴール裏席。大宮サポは数で圧倒されながらも、気持ちの入った応援を続けてました。アタイもあの中に加わりたかったわ・・(ゴール裏が売り切れだったのと、雨が降っていてかっぱを持っていなかったのとで、断念)

後半も、大宮は立ち上がりから攻撃を仕掛けてました。ただ、大宮はボールは支配していたものの、浦和の選手に押され、明確な意図が感じられない逃げのパス、バックパス、ミスパスを連発していたの。そんな中、後半15分で入ったグラウが、入団間もないのにフィットしていたのは、さすがと感じたわ。ボールタッチが柔らかいし、判断も早いしキープ力もある。周囲との連携をさらに増せば、さらに活躍してくれそうな期待大よ♪

土屋も、大ブーイングの中、オーバーラップして自らドリブルでシュートまで持ち込んだりと、気を吐いていたわ。大悟は、厳しいマークの中、攻守に渡って随所にさすがと思わせるプレーを見せていたわね。チャンスを決め切れなかったのは、本当に残念だったけど。藤本が入れば、二人の力でより攻撃にアクセントをつけることができたかもしれないわ。小林慶行も、アタイは以前ブログで「使えない」と書いてしまったけど、今日は凄く気持ちの入ったプレーをしてたと思う。マーカス、片岡、佐伯、斉藤とDHの争いがますます激化しそうね(^^;。

後半、久永→西村、純マーカス→佐伯に選手交代があったの。西村の交代は、浦和のFW3枚への対応策なのか、サイド攻撃の活性化狙いなのか、波戸を上げるためだったのか、いまいちよく分かりませんでした。佐伯への交代は、中盤からの展開力に期待してだったのかしらね。アタイ的には、吉原を入れてほしかったの。浦和の3バックにグラウ・桜井・大悟+フレッシュな吉原で攻めれば、得点が入った可能性があったんじゃないかと思うわ。

ロスタイムでの失点には、「またロスタイムかよ」とがっかりしたのだけど、大悟が「あれは、得点を狙っていた時間帯だったから、仕方なかった」とコメントしていて、なんか納得させられちゃったわ。その後ビデオで得点シーンを見返したら、波戸の永井への対応の甘さが原因なんじゃないかとは思ったけど・・。

大宮のサッカーは守備ありきだったはず。守備をしっかり固めることで、前線の選手も思い切って攻撃ができるようになるのだから、原点に返ってシンプルでしぶとい守備を心がけてほしいと思ったわ。浦和、横浜、鹿島、川崎、清水など、強いチームはどこも守備がしっかりしてるわよね。

あと、試合を通じて桜井様のプレーが空回りしていた印象を受けたの。ダービーという雰囲気に呑まれることなく、情熱を持ちつつも冷静な判断を行うことが必要じゃないかしら。ゴールを決めたら思いっきり喜んでいいと思うけど、それまでは「え、ダービーなんて意識してないよ」てな感じで熱い思いを封印して、プレーに臨んでほしかったわ。

« ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜Fマリノス | トップページ | サッカーマガジン »

サッカー」カテゴリの記事

大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436964/7230398

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズ vs 大宮アルディージャ:

» J1リーグ第10節浦和対大宮 [wrightsville]
2006.4.29(土) 15時 埼玉スタジアム2002 曇一時雨 観客 54774人 主審 奥谷彰男 副審 山崎裕彦、平野恵一   浦和レッドダイヤモンズ 2(1-0)0 大宮アルディージャ                  (1-0)  得点 32分 浦和・ワシントン     89分 浦和・永井  浦和 都築(GK)(45分山岸(GK))、坪井、闘莉王、     堀之内、三都主、鈴木、平川(6... [続きを読む]

« ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜Fマリノス | トップページ | サッカーマガジン »