最近のトラックバック

« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年2月

つっちー・・・

お久しぶりッス。暫く更新をサボっていたが、とんでもないニュースを目にして、日記を書かずにはいられなくなったの。

☆☆☆衝撃度第1位 TASAKIペルーレ 土橋優貴選手 引退☆☆☆

最もお気にな選手だったので、かなり残念よ(号泣)。

アスリートらしいスジ筋体型と、長い足で右サイドを猛烈な勢いで駆け上がる様が、とても格好良いの。 上下動を繰り返しても衰えない運動量や、好機にはゴール前に顔を出し、ヘディングでゴールを決める嗅覚も持ってるわね。日本代表経験もあり、伊賀の藤村智美と並ぶ数少ない右SHの実力者なので、この若さでの引退は大変勿体無く感じるわ。

Lリーグ公式HPのコラムでも、圧倒的に登場回数が多かったの。コラムのちょっととぼけた作風や清楚な雰囲気と、プレー中の鋭さとのギャップも魅力的なのよ。昨年の開幕戦(浦和vs田崎)に同行したS子なぞ、土橋選手の格好よさに見惚れ、たちまち虜となってしまっていたし・・。大変無念ではあるけれど、本人の意思であれば致し方ないわよね。今後の人生での更なる活躍を祈るばかりよ♪

★★衝撃度第2位 柳田美幸選手と柴田里美さんのレッズ入団★★

柳田の移籍は、数日前から掲示板等で話題となっていたけれど、実際に発表されるまでは半信半疑だったの。左SHかボランチ(トップ下?)かは分からないけれど、豊富な経験と技術の高さは、大変魅力的よね。明るくガッツのありそうなキャラなので、ムードメーカーとなってくれそうな気がするわ(^-^)v。

日本代表候補に選出された柴田も、人材薄だったDFの大きな補強となりそうね。百武さんは、これまで存じ上げなかったけど、柴田と同じく期待したいわ。DFは一気にスタメン争いが激しくなった感があるわね。

☆衝撃度第3位 山郷のぞみ・安藤梢・柳田美幸 プロ契約締結☆

女子も、サッカーだけで飯が食えるようになりつつあるということなので、喜ばしいわ。今季からの試合有料化は、選手のプロ化を見据えた施策なんでしょうね。やや懸念されるのは、プロ契約できた選手と、しなかった選手間で確執が起きるのではないかということ。プロ契約が全てではないけれど、プロ選手の存在が、チーム内の競争激化による個のレベルアップの契機となるといいわね。

ここ最近、男子サッカーに関心が偏重していたが、一気に女子への興味が戻ってきたことよ(^o^)。伊賀退団の噂がある原歩、藤本智美という超大物選手の動向も、気になるわ。

<おまけ>
今季の浦和レッズレディースの予想布陣

4-4-2(ボックス)

    北本   若林
   (松田)  (保坂)

 柳田         安藤
(岩倉)       (法師人)

     高橋  森本
          (木原)

 西口  田代  柴田  木原
(岩倉) (笠嶋) (百武)(山本、森本)

        山郷
       (小金丸)

FW2人と安藤、柳田が攻撃の中心。ボランチでは高橋が前目で、森本が守備を固める。木原、西口のオーバーラップにも期待できる。

4-4-2(ひし形)

    北本   若林
   (松田)  (保坂)

       安藤

 柳田         木原
(岩倉)       (法師人)

       高橋
     (森本、木原)

 西口  田代  柴田  山本
(岩倉) (笠嶋) (百武)(森本、木原)

        山郷
       (小金丸)

安藤を中心にした、サイドからの攻撃を重視した配置。ボランチ+CBによる守備の連携も要となりそう。

攻守共に安定し、ためを作ることができる木原を、是非ボランチに入れたい気がするのよね。その場合は、高橋彩子とのダブルボランチもいいし、高橋をSHに持っていくのも良いと思うの。西口、森本はCBもこなせるし、岩倉は左SBもできるので。今季はDFも層が厚みを増しそうね。若林や北本、安藤の得点王にも期待が持てるわ。FWでは松田典子のブレイクにも、密かに期待してるの。

それにしても、開幕まであと3ヶ月近くあるのよね。とてつもなく、長く感じるわ・・。

”憧れの桜井様”の理由

今、オーレ!アルディージャを鑑賞中よ(2回目)。いつもなら週末は思いっきり夜更かしするんだけど、明日は友人と勉強会@カラオケ箱を予定しているので、早々に寝るつもりです(+_+)。

今日のオーレ!は、長友美貴子のグアムキャンプレポートと、小林慶行のロングインタビューが中心だったわ。早朝散歩で眠気の残る選手の姿を写している最中、冷たいあしらいをされていた長友が気の毒だったけれど、それでもめげないところは、偉いと思ったわね。

小林選手はインタビューで「桜井様に憧れているそうですね」と聞かれ、「プレーに憧れています」と応えていたの。「サクのプレーは、サッカーを知らない人にも、サッカーの面白さを伝えることができる。サッカーに興味の無い人でも、サクのプレーを見たら、虜にできるようなプレーをする。」と、熱っぽく話していたわ。

アタイも、男子サッカーを見るようになったきっかけが、サクの存在だったの。サクを知ったのは、一昨年のベルディの天皇杯の決勝戦の時だったわ。(試合には出てなかったけど(^^;

最初は、ルックスの可愛さとキャラの面白さによる興味が先行していたわ。ファンになったきっかけは、たまたまテレビで見た開幕戦だったの。桜井様がドリブル突破で鮮烈な先制点を決めた瞬間、全身に鳥肌が立ったわ。得点後の、全身で歓びを表す様子にも衝撃を受けたし。

J1昇格後最初の試合で強豪ガンバ相手に、正面突破で先制点を決めた・・・そんなシチューエーションも、作用していたのだと思うけどね。

先制点を決めた後、ガンバの吉原が放ったヘディングシュートを、ゴールに吸い込まれる瞬間に掻き出した、トニーニョのミラクルプレーにも、心底驚かされたわ。ロスタイムの、試合を決定付けた森田の追加点も嬉しかったわね。

選手全員の「勝ちたい」という思い、必死さが伝わってくるプレーに感動したの。レイナスの試合からも感じられた、アタイの心を揺さぶる「何か」を持つ男子チームに遭えたと、思った瞬間だったわ。桜井様、大宮を心から応援したいと思うようになった、きっかけとなる試合だったの。

再来週にも、小林選手のインタビューの続きがあるみたいなので、また桜井様話に期待したいわ。来週の吉原宏太選手のインタビューも、大変楽しみよ♪

・・ところで、今日のオレアルに出ていた佐伯を、平岡と間違えたのはアタイだけかしら?髪型とか顔つきが超そっくりなのよ。佐伯がもし太りでもしたら、本当に区別つかないかも。平岡には失礼だけど、ちょっとショックだったわ(><)。

キャンプ!情報

大宮アルディージャの公式サイトにて連日、キャンプ情報・レポート・動画が公開されているの。和やかな雰囲気でトレーニングを行われている様子が伝わり、とても微笑ましい感じよ。W小林、波戸、土屋、江角、吉原など新加入選手も、個人差はあれどチームに溶け込んでるみたいだし。

昨日の動画では、個人的に気になっている選手、冨田のロングインタブーがあったわ。同室の江角選手の話では、冨田は部屋で、一人冬ソナに見入っているとか。あのつかみどころのないキャラと、冬ソナ鑑賞のギャップに萌えーな感じ♪また冨田談では、江角がとても公けにできないような、赤裸々な恋話を告白したとか何とか。ちょっと気になるわね・・。

大好きな桜井様はインタブーで、「W小林が入り、僕の力を100%出せる環境が整った」と、頼もしい発言をしているの。マルさんや吉原宏太など、ライバルの加入でスタメン争いは激化しそうだが、今年も華麗かつ泥臭いプレーで、スタジアムとアタイのハート(?)を沸かしてほしいことよ☆

スタート!

今日は会社帰りに簿記の本を買い、カヘでコーシーを飲みながら、読学してたわ。受験申込をしてから、毎日「やらなきゃ・・」と思いつつ、全く勉強してなかったの。土壇場にならないと頑張れない性格であることと、「合格せねば」というプレッシャーから、ついつい逃避をしていたのだと思うわ。

やろう、と思ったきっかけは、一緒に受ける予定の友人と話したおかげなの。

アタイが全然学習が進まないことを打ち明けると、その友人も、同じような悩みを抱えていたことが分かったのよ。それまでは、「自分だけが落ちたらみっともない」という重圧にさいなまされていたのだけれど、虚勢を張る必要がなくなって、楽になれたわ。

無意識の内に、合格して”箔”をつけることが目的になってしまっていたのよね。自分の力を伸ばすことが大事なのだから、こつこつと学習を続けて、その延長線上で合格できればいい、と思えるようになったわ。良い本も入手できたし、試験日までマイペースに頑張りたいです(^-^)。

使い捨てマスク

今日は、仲の良い同期と丸の内で飲んできたの。普通のバールに入ったのだけど、たいして食べなかったのに、結構高かったのよ(+_+)。これなら隣の「イベリコ豚しゃぶしゃぶ」店(セットが1人前1,980円)に行けば良かったと、ちょっと後悔しているわ。

060207_232901

↑500円位で買える、使い捨てマスクよ。ビニコンの1枚130円マスクを買うのが、バカバカらしくなるような値段だわ。アタイは鼻呼吸ができなくて、喉の乾燥予防のため、寝る時にマスクをすることが多いの。こういった低価格かつ利便性の高い商品は、ありがたいわ。

無印良品「ぶどうのクッキー」

06-02-06_22-57

相変わらず寒い日が続いているわね。明日はまた3月並みの陽気になるっていうし。いい加減にしてほしいもんだわ。暖房代もバカにならないし・・。

今日、ファミマで無印の「ぶどうのクッキー」(上図参照)を買ったの。見た目よりもしっとりしていて、甘味も抑えられており、パクパク食べれたわ。クッキーというよりも、クッキーとケーキの中間っぽい食感かも。しっとり菓子が好きな方にはオススメよ♪

ディメンティエワ vs ヒンギス

週末はずっと、家でテレビばかり見てたので、さすがに頭がぼんやりしてきたわ。舌にできた口内炎がほぼ完治して、何でも食べられる状態になったのは良かったけど。これで、ちょっと減ってた体重が元に戻るのも、時間の問題ね・・

昼間は東レの決勝を見てました。昨日、シャラポワ相手に良いプレーをしたヒンギスが、ディメンティエワ相手に6-2,6-0と惨敗してしまったわ。過去の対戦成績を見ると、2勝2敗。ただし、最近の2戦はいずれも、ディメンティエワが勝利していたの。ヒンギスが、パワーテニスに圧倒され、ツアーでも優勝から遠ざかっていった時期に重なるわ。

ディメンティエワの勝因は、苦手と言われていたサービスのできが良かったことが大きいわね。ラリーでも躊躇なく、強打を続けていき、ヒンギスの余裕を奪っていたし。ヒンギスは、試合の後半からサービス&ボレーに出るなど、ラリー戦を回避しようとしていたけれど、ディメンティエワの正確なパスとロブに翻弄されていたわ。

この試合で気になったのは、敗退が濃厚となった、第2セット後半のヒンギスの表情なの。焦りや動揺の色は無く、諦めたようなさばさばした様子で、自分のミスや相手の好プレーに対して苦笑いをしていたわ。シャラポワに勝つことで取り戻した、「パワーテニスに打ち勝つ自信」が失われていったような風にも見えたの。

ただ、復帰後まだ間もないし、全豪、東レと徐々に調子を上げてきていることは間違いないわよね。若手の台頭もあるし、以前のように圧倒的な強さで君臨することは難しいと思うけれど、ぜひチャレンジし続けてほしいと思ったことよ。

シャラポワ vs ヒンギス

今日、テレビで東レの「シャラポワvsヒンギス」戦を見たわ。最初は互角だったけれど、ヒンギスのカウンター攻撃が決まるようになり、2-0でヒンギスが楽勝してしまったの。

シャラポワは、ハードヒットすると威力を利用されて角度をつけたショットを打たれるし、緩いつなぎ球を打ってもエースを打ち込まれるので、最後はなす術が無い様子だったわね。戦前は余裕ぶっこいてたらしいシャラポワに対し、一泡吹かせたヒンギスは見事だったわ(^^)。シャラポワは、長身のためかフットワークに難がある印象でした。

夜、たまたまつけた教育テレビで、「株式会社学校」についての特集をやってたので見たの。構造改革の一環の政策みたいで、特区においては、学校法人の要件である施設、土地の自己所有を免れるということで、参入が相次いでいるみたい。番組では主に、不登校の生徒たちの受け皿としての、現行の公立・学校法人でカバーできない「補償教育」的な目的を持つ学校について、取り上げられていたわ。

学校を設立する側としては、少ない元手で学校を始められるし、国の助成も受けられる。何より、自分たちのやり方でカリキュラムや授業参加の方法を組み立てられるので、多様なニーズに合った内容の教育が行えるのがメリットよね。国や自治体側としては、民間に業務を「委託」するような形となるので、予算を削減できるし、株式会社なので、税収増も多少は期待できると思うの。

株式会社化することで、経費削減による教育の質低下(?)を問題視する向きもあるみたいだが、競争原理が働くから、そんなに悪い方向にはならないとも思うの。ただ、経済的格差が拡大していると聞くので、相対的に授業料の高い民間(学校法人も含む)にばかり、「エリート教育」や「補償教育」の場を設けると、機会不平等の問題があるのではないかと危惧することよ。単なる「民間任せ」にするのではなく、官民が互いのできることをきちっとやるようなシステム作りが求められていると思うわ。

夜12時から、久保竜彦が出たスーパーサッカーを見たの。言動が変でぶっきらぼうな選手・・という印象を持っていたのだけれど、とても気さくでいい奴っぽかったわ。桜井(直人)様に似ているかも。代表組にありがちなギラギラしたところや、優等生ぶっていて表裏がありそうなところが全くなく、ナチュラルな感じだったわね。

先週の日記で「”ドロー”を知らない久保」について書いたけれど、アタイは久保が「引き分け」の意味も知らないと思っていたの。実は、加藤はワールドカップの抽選会のことを、指していたので、アタイも久保と同じ勘違いをしてしまっていたのよ・・。思いっきり突っ込まれていた久保の姿を見て、まだまだアタイも初心者であることを痛感させられたわ(^^;

レッズフェスタ2006

最近春めいてきたと思ったのに、今夜はめちゃくちゃ寒かったわ。家に入った瞬間、無風というだけで暖かく感じたほどよ。

Lコラムが更新されたわね。レッズは山郷のぞみ姐さんの登場。「その点私達は、円卓にポツンと取り残され・・・」という文に、少しの安堵と大きな悲しみが感じられ、切なくなったわ。もしアタイがフェスタに行ってたら、メンズのサポーターを押しのけて、姐さんの席に突進していたと思うんだけどね(←迷惑)。

今日のGGRの赤菱のイレブンは、レディースネタだったの。姐さんがフェスタ前に浮かれている女子選手を叱りつけたのだけど、入場前、一人超厚化粧をして準備万端な姐さんの姿が・・というオチ。確かに、プレー中の形相と普段のお洒落な姿とのギャップが激しいので、ネタとして目の付け所は悪くなかったんじゃないかと思ったり(笑)。

フェスタの様子が明日、テレビ埼玉の特番で放映されるみたい(2/4、18:30~19:00)。当日、どんな感じだったのか関心があったので、今から楽しみよ。レディースの選手もしっかり放映されてほしいわ♪

Nathan's

今日は、風邪と口内炎を診てもらうために、近所にある内科に行ったの。診察後、通勤のため駅へと向かったのだけど、近所の雑木林がそっくり刈られていたのを発見して、ビックリしたわ。近くに小学校があるから、防犯のために切られたのかもしれないわね。開発が進んでいる街並みの中、そこだけ自然が残っていて貴重に思っていたので、ちょっと残念に感じたわ。

お昼は品川のルミネ・ザ・キッチンで食べたの。食後に余裕があったので、アトレのNathan'sに寄ったのよ。ハンバーガーやホットドッグがメインのお店だったけど、デザートが食べたかったので、シフォンケーキを頼んだら、超美味しかったの(*^v^*)。生地は滑らかで適度に湿っていて、クリームも甘すぎなく、しかもたっぷりと乗っかっていたし♪

ぜひ家でシフォンに挑戦したくなったわ。あのしっとり感と木目細やかさを再現するためには、きっとスチームオーブンが必要ね。台所が狭くて置き場所が無いから難しいけれど・・。シフォン作りはさておき、一人暮らしで休日に料理や菓子をこさえ、人を招き会食するような生活に憧れてるの。早く実家を出て、気ままで優雅なシングルライフを満喫してみたいわ。

冨田大介選手

今夜も暇で去年の夏ごろの「オーレ!アルディージャ」を見ていたら、冨田選手と横山選手(現:湘南)の対談をやっていたの。長友美貴子(突っ込み)と冨田(ボケ)の軽快なトークが絶妙だったわ。

ハイテンションながらトボけた味を醸し出すサービス精神旺盛な冨田に比べると、横山は緊張していたのか、あまりノリが良くなかったかも(会話が盛り上がらなかった時は、長友がどんどん仕切って話題を変えていたけどね)。J1選手なのに気取らぬ冨田の姿は、好感度大だったわ。アタイの中で、冨田選手の株が一気に上がったきっかけとなった、回だったことよ♪

« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »