最近のトラックバック

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

浦和レッズレディース vs TEPCOマリーゼ

寒い日が続いているわね。寝る時に毛布を掛けるようにしたら、朝起きた時の寒さは少し和らいだけれど、毛布の重みで起き上がるのが億劫になってしまったことよ。

今日は、全日本選手権の準々決勝を観戦しに、茨城県のひたちなか競技場まで行ってきたわ。第一試合のベレーザvsレオネッサ戦も見たかったので、朝の7時前に家を出たの。土曜の朝は苦手だけど、こういうイベントの時は、自然と起きれるのよね・・・

競技場の最寄り駅である勝田駅までは、スーパーひたちだと高いので、常磐線の普通電車で行くつもりだったの。他に早く行ける方法はないかと携帯で調べたら、東北線で小山まで行き、水戸線に乗り換えれば、普通電車でも早く行けることが判明したのよ~!(水戸線という電車の存在を知らなかったの・・) 早速18切符を買い、1日分を使った後、余りを金券ショップで売ることに決めたわ(^^)v。

電車の中では、簿記の本をずっと読んでたの。朝早く起きて頭がすっきりしていたせいか、いつもより内容がよく理解できたような気がしたことよ。ただ、水戸線に1時間半乗ってたんだけど、途中でトイレに行きたくなったのには、どっかの駅で降りて用を足すわけにも行かず、ちょっと困ったわね(^^;

水戸線の車窓からは、「地元の水戸ホーリーホックを応援しよう」という看板が見えたわ。水戸って人気があるのかよく知らないけれど、近くに鹿島アントラーズがあるし、アルディージャと同様に、人気面ではやや苦戦を強いられているのかしらと、思いを馳せたことよ。

勝田駅には10時前に到着したわ。競技場の最寄である「市営球場入口」停留所まで、さほど時間がかからないことを確認していたので、遅い便に乗ることにしたの。駅の周囲に休める店が無かったので、駅内のイートインのパン屋で朝食を取ったわ。揚げ系のパンとかをレンジで温めてくれたのが、嬉しかったわね☆

10時半過ぎのバスで出発したわ。駅周辺は閑散としていたけれど、段々と道の両側に、スーパーやホームセンター、居酒屋、ファーストフード、本屋、銀行等、ゆったりとした駐車場を持つ大型店舗を見かけるようになったわの。特に「ジョイフル本田」はとても大きい店だと聞いていたので、実際に行って見てみたかったわ。ひたちなかは道路が広くて運転しやすそうだし、車を持ってる分には、とても住みやすい街だろうなと感じたことよ。(アタイみたいに免許が無いと辛そうだけど)

バスを降りてから、競技場まで歩くこと約10分。凄く広い歩道が整備されていて、またその両脇には、広大な遊休地があったの。東京から大して離れていないのに、こんな広大な土地が有り余っているのが不思議に思えたわ。

studium
↑レッズバスを発見。お隣にマリーゼバスが居たわ。

歩きながら時計を見て、キックオフには充分に間に合うと思っていたのだけど、運動公園の入り口から、競技場までまた結構遠かったの。走ったがキックオフに間に合わなかったので、開き直ってパンフレットを買い、ちゃんと用を足してから観客席に入ったわ。1000人位が座れる座席スペースがあって、それ以外は芝生席となっていて、しらこばと競技場の雰囲気に似ていたわね。

第一試合は、8-0でベレーザの勝利。レオネッサの外人選手2人は、今日の試合では、あまり「すごさ」を感じなかったの。むしろ、レイナス出身のGK根本美沙貴による山郷ばりのコーチングと、FW米津美和の果敢なドリブルに、並々ならぬ印象を受けたわ(^^;。スコアは圧倒的な差がついたけど、レオネッサは最後まで得点を狙っていたし、来年のリーグ戦が楽しみと感じたことよ。

ハーフタイムでトイレに行った帰りに、こともあろうか階段を踏み外し、転倒してしまったの。傾斜があるので何段か滑り落ち、手をついてなんとか踏みとどまったわ。その際に膝をコンクリートに強く打ったのだけど、股引があったせいで、血は出なかったの。

「アタイも年かしら・・」と一瞬悲しくなったわ。でもよくよく考えると、意思通りに足が動いてなかったから転んだような気がして、その原因は、股引の締め付けが強すぎて、足の動きが制限されていたからだったのよ。きつさのせいか血行も悪くなり、下半身がかえって冷えているような感じもしていたし。

股引がきついのか、アタイの足が太いのか・・。どっちも真実だと思ったが、脱ぐと寒くなるかもしれないので、とりあえず、階段や段差での足の上げ下げを慎重にすることで、今日は乗り切ろうと決意したわ。

競技場や周囲において、クレープ屋やラーメン、弁当販売などの出店があったの。周りにお店が無いと聞いていたので、駅のコンビニでおにぎりを買っておいたのだけど、寒さと食欲には勝てず、ラーメンを買ってしまったわ。何も無いことを覚悟していたので、こういった出店の存在は、ありがたいと感じたわね。

第二試合が始まる頃には、さすがというか、マリーゼ側の席が埋まってきたわ。

レッズのスターティングメンバーは

   北本   若林
      安藤   
   保坂   山本
      高橋
岩倉 西口 森本 木原
      山郷

という感じでした。

game
↑のんびりとした雰囲気のスタジアムだったわよ♪

最終節のベレーザ戦とほぼ同じメンバーね。DFは昨年のCB(田代、笠嶋)の負傷の影響で考案した配置だと思うけど、4人共に元々守備も攻撃もこなせる選手なので、問題なかったと思うわ。特に木原は、攻守共に、素晴らしい活躍ぶりだったと思うの。守勢時には冷静な対応で攻撃の芽を確実に潰すし、緩急をうまく使って、攻撃にリズムを与えることもできるし。体の強靭さ、スタミナも特筆すべきだわね。

試合の序盤から、どちらも一歩も譲らず、速い展開であれよという間に前半が終わった感じ。浦和はマリーゼのキー選手、丸山桂里奈をしっかり抑えていたし、マリーゼも安藤や若林、北本などの飛び出しへのチェックを確実に行っていたわ。高橋彩子のFKが決まらなかったのは、残念だったけれど。

後半、ほぼ互角だった展開が、若林のループシュートによるレッズの先制で、流れが一気にレッズに傾いた気がしたわ。ただ、シュートは量産するけれど決定的なチャンスは限られており、今年のリーグ2戦目、レッズが先制するも追いつかれて引き分けとなった試合を、思わず思い出してしまったの。ただ今回は、試合後半になっても動きが衰えず、選手の高い危機意識と集中力が感じられ、それを最後まで続けられたことが、勝因だと思ったわ。

若林が見せる相手DFへの献身的なプレッシャーは、ディフェンスだけでなく、裏への飛び出すチャンスにもつながっているのよね。ロスタイム近くで交代した松田典子は、入って早々にドリブルでチャンスを作るし、本当にこれからが期待できる選手だと思うの。もう少し長い時間、プレーが見たかったわ。

留学帰りの安藤梢は、体の切れや強さが更にアップしたように思え、何よりプレーの思い切りがよくなり、遠慮や迷いが感じられなくなったような気がしたの。第一試合で澤が見せたプレーと、何となく似たものを感じたわ。もともと技術が高い選手なので、今後もどんどん殻を破り、周囲を引っ張る存在になってほしいと思うわね(*^-^*)。

マリーゼは青木のロングフィードや五十嵐のパス、丸山のドリブルなどから攻撃を仕掛けてきたのだけど、レッズは山郷がDF陣と連携し、何度となく危機を防いでいたわ。笠嶋が交代で入ってから、より守備に安定感が増した気がしたわね。

今回はレッズが接戦を制することができたけれど、マリーゼは来年度、高校や大学を卒業する各年代の代表選手が入部するようだし、更にレベルアップすることは確実だと思うの。中盤でボールをキープして、うまく前線につなげる選手がいれば、丸山や佐藤などからの得点機が増すだろうし。今後もライバルとして互いに高め合う存在として、名勝負を繰り広げていってほしいわ。

truck
↑レッズトラック。何を運んでるのかしら?

今日試合を見に行って良かったと思ったのは、もちろんレッズが勝てたからなんだけど、試合終了後のサポーターに挨拶に来た時に、選手が本当に嬉しそうな笑顔を見せてくれたから、ということもあるの。リーグ戦の時と比べて、試合、そしてサッカーそのものを楽しんでやってるように感じられたわ。チーム全体がとてもいいムードになっていることが分かったので、この調子のまま、ベレーザに対して全力でぶつかっていってほしいと思ったことよ。25日の準決勝が、今から本当に楽しみだわ♪

追伸:帰りに、大宮ルミネの”3COiNS”という、300円均一ショップに立ち寄ったの。100均よりちょっとおしゃれで質が良さそうなモノが多く、見ていて楽しめるのよ(^^)。可愛い豚や蛙のイラストが入ったランチプレートを見つけ、超欲しくなったわ☆

もう師走ね

しばらく更新をサボってたわm(__)m。仕事が忙しかったことや、リーグ戦が終わって試合を観に行かなくなったこともあるけど、書きかけた記事をそのままにして、新しい記事を書くことが後ろめたくて、ブログを書くこと自体が面倒になってしまったんだと思うの。ということで、書き途中の記事は気が向いたら続きを書くなど、これからはマイペースでやることにするわ。

11月に印象に残った出来事としては、
・11/3 浦和レッズレディース vs 日テレベレーザ戦の観戦
・11/17 安藤梢選手、ドイツ留学
・11/19 美容院に行き、変な髪形にされたこと (--;
・11/20 簿記3級の受験
・11/23 大宮アルディージャ ガンバ戦勝利&J1残留確定 v(^^)v
などなど。

結構、プライベートでいろいろあって(なさ過ぎて)、悶々としていた月だったかも・・。簿記の勉強は大変だったけど、仕事ですぐに活かせる分野だったので、勉強してよかったわ。サッカーでは、やはりレッズの最終戦が最も印象深かったです。試合では、選手の闘志が高まっているように見受けられ、全女や来年のリーグも、期待できそう。大宮が残留を決めたのも嬉しかったわね。

12月は全日本で、17日のひたちなか、25日の西が丘に赴く予定よ。ひたちなかは今回が初めてなので、小旅行気分ね♪順当にいけば、準々決勝でマリーゼ、準決勝でベレーザと当たるわ。どちらも強豪なので、応援し甲斐のある熱戦になりそう。

冬の屋外のダブルヘッダーはかなり辛く、去年の準決勝(雪の西が丘)で、一緒に行ったS子は2戦目、あえなくリタイアしたほどだったわ。今年はホカロンやマフラー、毛糸帽子、手袋に加えて、ダブルパンツ(股引?)、婆シャツなど、完全防寒して備えるつもりよ。

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »