最近のトラックバック

« おかやま国体 埼玉 vs 広島 | トップページ | おかやま国体 岡山 vs 鹿児島 »

全米 ピアース vs ディメンティエワ

昨夜は結局、朝までWOWOWの中継を見てしまったの。お目当てはもちろん、メアリー・ピアースよ。ツアー17年目、今年30歳になるピアースは今年の全仏で見事なカムバックを遂げ、4回戦で、全仏決勝で完敗したエナン・アルデンヌを粉砕したの。今回はまだ彼女の試合を見ていなかったので、是非生中継で拝みたかったために、つい起きて見てしまった、ということもあるわ。

立ち上がり、ピアースは明らかにナーバスになっていたの。190km/h近く出るファーストサーブがなかなか決まらず、強打もことごとくディメンティエワに拾われ、うまくかわされてしまっていたわ。一方のディメンティエワはリラックスしており、課題と言われていたサーブも順調で、カバーリングの良さを生かし、長いラリー戦も制していたわね。

第1セット終了後、ピアースは長いインジュリータイム(12分)を取り、かなりコンディションを回復したように見えたわ。対照的に、ディメンティエワは1stセットからの良い流れを止められた形となってしまったのよね。勢いを取り戻したピアースは、速いサービスとバックハンド・ストレートの強打で相手の体制を崩し、フォアの逆クロスで強打を放つ、というパターンが決まり始めたの。打ち合いでも力で相手をねじ伏せるようになり、第二セットはピアースが6-2で取ったわ。

ファイナルセットは、これまで”比較的”好調だった、ディメンティエワのサーブが崩れ始めたの。ダブルフォルトが増え、入れに行く2ndが弱くなり、ピアースに強打されてしまうという悪循環に陥っていたわ。ピアースは、これまで逆クロスに打っていたフォアの決め球を、左右に打ち分けるようになり、ディメンティエワの動きが止まる場面が多くなっていったわね。1stセットの時と完全に勢いが逆転し、ピアースが落ち着いて試合の流れを掌握していたことよ。

5-1で迎えた第7ゲーム、ディメンティエワが開き直って強打を打つようになり、このゲームを簡単にキープしたの。第8ゲームでもディメンティエワの攻勢は続き、ピアースの表情に不安の色が見え始めたわ。3回目のデュースで、ピアースはサービスを打つ前に、背筋をピンと伸ばし、ボールを地面に突きながらゆっくりと間合いを取ったの。気を落ち着けてからリラックスして打ったサービスはノータッチエースとなり、このポイントで、ディメンティエワに傾きかけていた試合の流れを取り戻すことに成功したわ。次のサービスでリターンミスを誘い、3-6,6-2,6-2で2時間の試合を制したピアースが、準決勝へ駒を進めたの。

スポーツ・イラストレイティッドの記事を読むと、ディメンティエワは「ピアースがあんな長い休憩を取ったことが、私のゲームに影響を与えたわけではない。でも、私に勝つために、どこも悪くないのに、(自分のペースに持ち込むために)あの休憩を利用したとしか思えない」などと話したみたい。ピアースは、「相手に弱みを見せないために、今日はテーピングをせずに試合に臨んだ。でも、それではダメだと悟ったので、治療を施した。不正なんかしていない。」と言ってるわ。ディメンティエワは明らかに言いすぎだと思うけど、インジュリータイムがこの試合に大きな影響を与えたことは間違いなさそうね。

決勝の相手は、シャラポワを下したキム・クリスタース。こちらもケガから完全復活を果たし、悲願のグランドスラム初タイトルを取りたい思いが強いはず。ラリー戦になると、コートカバーリングが良く、若いクリスタースに軍配があがりそうだわ。ピアースが勝つためには、1stサーブの成功率を上げ、早いペースでオープンコートにエース級のボールを打ち込み、相手のミスを誘う作戦が有効だと思うの。総合的に見るとクリスタースの方が優勢だと思うけど、ピアースの今大会の勢いは凄まじいので、番狂わせに期待したいところよ。

« おかやま国体 埼玉 vs 広島 | トップページ | おかやま国体 岡山 vs 鹿児島 »

テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436964/7230360

この記事へのトラックバック一覧です: 全米 ピアース vs ディメンティエワ:

» エナン「今の状態ではどう見てもトーナメントに踏み切ることができない状態なんです。」 [blueの気ままにテニスBLOG]
エナン・アーデンがケガに付きまとわれています。 膝腱負傷のために10月17日開催のスイスコム・チャレンジと10月24日開催のジェネラーリ大会を欠場する見通しです。先週の金曜日に報告がなされました。 11月7日開催のツアーチャンピオンシップに照準を合わ....... [続きを読む]

« おかやま国体 埼玉 vs 広島 | トップページ | おかやま国体 岡山 vs 鹿児島 »