最近のトラックバック

« 全米 ピアース vs ディメンティエワ | トップページ | 懐かしかった日 »

おかやま国体 岡山 vs 鹿児島

2日目を迎え、見ずらい配信動画にも、目が慣れてきたことよ(笑)。今日の試合の解説は、BELLEの藤井奈々さんだったわ。

立ち上がり1分で、いきなり岡山がセットプレーで得点したの。その後流れは一進一退の攻防となり、見ごたえのある展開が繰り広げられていったわ。技術面や戦術では岡山が上回っていたと思うんだけど、「高校生相手」という気持ちがどこかにあるのか、貪欲な気持ちがプレーから伝わってこなかったの。

対する鹿児島は、活きの良い選手が多く、何とかL1チームに一泡吹かせてやりたい、という意気込みが感じられるプレーぶりだったわ。鹿児島は堅守で岡山の攻勢に対応し、カウンターで一気にゴール前まで持ち込むというパターン。そんな中、左WBの井手上が、福元の動きを読んだ、ゴール右隅に決まるシュートを放ち、1-1で前半が終了したわ。

後半は、鹿児島がDFラインを高く保ち、ハーフコート気味に試合を進めていたわ。岡山も守りの意識が高くなり、得点が動かず、試合は延長戦へ。79分、前半に同点ゴールを決めた井手上の突破から、有吉が福元の頭上を抜くループシュートを決め、鹿児島が2-1と逆転したの。

後が無い岡山は、圧倒的な攻勢に出たわ。宮間が孤軍奮闘し、直接FKやシュートでゴールに迫るのだけど、GKのビッグセーブなどで追加点が奪えず。結局2-1で鹿児島が勝利したわ。

高校生の試合をこれまで見たことがなかったのだけど、鹿児島は、Lでも充分に通用する位、高いレベルだと思ったわ。藤井奈々が試合開始前に「この試合が、(準決勝に向けての)いいトレーニングになるといいですね」と語っていたけれど、岡山の本当の敗因はこの”思い上がり”にあったのではないかしら。L1チームが高校生に負けられない、というプレッシャーが悪い方向に行ってしまったんじゃないかと思うのよね。

兵庫、東京は順当勝ち。大阪は埼玉を2-0で破る番狂わせを演じたわ。レッズには、リーグ戦に向けて、この敗戦を生かしてほしいと思ったことよ。今の関心は、明日からの成年女子サッカー放送が行われるのか、またどの対戦カードが放送されるのか、ということ・・。どちらのカードでもいいので、放送が継続されることに期待したいわ♪

« 全米 ピアース vs ディメンティエワ | トップページ | 懐かしかった日 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

本来なら現地にいるはずだったのですが、現地観戦サポ班から埼玉成年女子敗退の知らせを受け、自身の体調もすぐれない部分もあり岡山遠征は断念しました。

鹿児島の高校生(神村学園勢)の活躍・・・8月の磐田で行われた高校女子サッカー選手権決勝を思いだしました。前半3点リードされてから確か井出上の活躍で同点に追いついて、PK勝ちしたような・・・)
それより埼玉はどうしちゃったんでしょうね。1点も取れずに完敗。詳しいことはわかりませんが、内容&選手のコンディションはあまりよくなかったとも聞いてます(現地班に連絡をとったところ)
第3クール&全日本選手権(全女)で巻き返しを図るには痛過ぎます。

現地出張組です。先程帰ってきました。気が激重で帰る足が重いの何の・・・って、車で行ったんですがねw
さて、埼玉の状況(私見)ですが、どうも選手個々の調子が悪い&意思疎通もあまり無かったので、中盤での雑なパス&遅い動き出しで、自らビルドアップの途中でミスをして、それが相手のチャンスに繋がるという悪循環に陥っていました。
1試合目は、広島がそこそこの力だったので後半走り勝ったようなものでしたが、その疲れがやはり残っていたのか2日目は最初から動きも鈍く、L1中心の大阪相手ではご存知のとおりの結果ということになりました。
ただ、そんな中でも保坂は調子良かったようで、2試合ともに前線への飛び出し、サイドへ展開しての攻め等の基点となっていて、文字通り縦横無尽の活躍で今後に期待が持てました。更には、山郷神も帰ってきたことですし、是非ともL再開までに調子を取り戻して頑張って欲しいものです。

あと、岡山-鹿児島ですが、すごいいい試合でした。埼玉敗退で気分萎え萎えだったので、前半は休憩所でバナナ(無料)食いまくってたのが不覚でしたわ…or2
で、後半からの観戦となりましたが、いやぁ、高校生動く動く!その惜しみない運動量はどこから来るのかって感じで、最後は岡山が走り負けたって感じでした。普段から部活で日中に走りまくっているんでしょうなぁ。まさに練習無くして勝利無しですな。
その中でも、神村学園の#12有吉選手はメッチャ早いし、#13井出上選手は左サイドや中央から絶妙なクロスを上げ続けたり、鳳凰学園の#3磯金選手の素早いカバーリング等と、今後のなでしこ予備軍にも中々の逸材がいるなぁと感嘆しました。
新潟や北海道もなかなかに侮れない実力を持っていましたし、まさに「なでしこ効果」というか、TV放映などで女子サッカーが代表を中心に知名度を上げることによって、競技人口・人材の裾野が拡大し、レベルアップして来ているなぁ、と一人喜んでニヤニヤしていましたわ。

>関越RBさん

私も、体調が悪くて見送ったクチです。もし完全に回復していたら、休日出勤を替わってもらっても、行っていたかもしれません・・。

確かに敗戦はイタいですが、今後の巻き返しに期待したいですね。

>むうむうさん

遠征お疲れ様でした!保坂は頑張っていたみたいですね。第3クールに向けて、期待が持てそうです。大阪は、U-18、19代表も多く、実力的にも拮抗していたんでしょうか。

鹿児島vs岡山戦、高校生パワーが炸裂していましたね~。鹿児島の選手のイキの良いプレーに、部活で走りぬいている、根性を感じました。去年のレイナスのガッツ溢れる姿と重ね合わせ、懐かしいような、ちょっと寂しいような気がしました。

今大会で感じるのは、若い選手の台頭です。鹿児島はTASAKIに0-2、大阪はベレーザに0-3と、Lチーム以上に健闘しているような気がします。なでしこ効果がやはり大きいと思いますし、選手・ファンの裾野の広がりが感じられることは嬉しい限りですね(^^)。

こんにちは。マリーゼサポのクワピロです。(このブログではアウェー扱いかな?)
国体の鹿児島チームは強かったようですね。なにせマリーゼの3選手(丸山・鈴木・松野)を要する(準備不足という声もあるが?)福島チームが1対4という大差で負けてしまったそうで・・・。ガックリでしたよ。
唯我独尊さんの文章で「鹿児島チームは高校生主体」というのをはじめて知りましたが、やはり福島チームに油断があったのかも?でもサッカーの一番大事なところは走り勝つ事だと思うので番狂わせでもないのかも?
前回宮城代表として参加したから仕方がないのですが、大部・宇野あたりのベテランDFが居れば精神的柱にもなれて攻守のバランスも保てて全く別の展開になったかと一人負け犬みたいに吠えてしまいますけど・・・。
でも本来MF登録の松野選手がFW登録(?)して、しかもトップ下に入ったのは???という感じですね。
やはりサッカーは縦のラインが大事だと思うので、(経験が少ないかもしれませんが)松野選手にはボランチあたりで攻撃だけでなく試合全体の司令塔役を期待してしまっていたのですが・・・。やっぱ無理って事か?
でもこれでマリーゼも気持ちを切り替えて9月25日に向けて最終調整できそうだし良しとしましょうか!
「負けられない試合がある」のフレーズ通り、9月25日は両チームともに今シーズンをうらなう大事な試合になりますね。お互い応援頑張りましょう!
・・・という事で是非とも会場に足を運んで下さいね!(私の知人が例の10,001人応援し隊の一員なのでドサクサに紛れて宣伝させてもらっちゃいました。)

>クワピロさん

いつもコメントありがとうございます。(^^)/

2002World.comの記事を読むと、35分ハーフということへの戸惑いも、Lチーム側にはあったのではないか、と書いてありましたね。ペース配分の問題なんでしょうか・・。でも、大阪も鹿児島も選抜チームであることを考えると、同じメンバーでいつも練習しているL1チームに勝利したことは、やはり凄いことなんだろうと思います。

9/25の試合では、福島(マリーゼ)も埼玉(レッズ)にも、国体で消化不良気味であった(?)分、闘志を前面に出したイキの良いプレーを見たいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436964/7230361

この記事へのトラックバック一覧です: おかやま国体 岡山 vs 鹿児島:

» パナソニックカーナビのCMは大黒を馬鹿にするのをやめろ。優秀なFWは代表の宝であり尊敬の対象であるべきだ。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 あの、DFの宮本とコンビで出ているパナソニックカーナビのコマーシャルである。 [続きを読む]

« 全米 ピアース vs ディメンティエワ | トップページ | 懐かしかった日 »