最近のトラックバック

« 大宮アルディージャ vs 横浜F・マリノス戦 | トップページ | 国体予選 »

東アジア女子サッカー大会2005

ビデオリサーチ社のHPを見ると、先週行われた東アジア女子サッカー大会2005の中継が、スポーツ部門でトップ10にランクインしていたの。8/1(月)の北朝鮮戦が12.3%、8/3(水)の中国戦が8.8%、8/6(土)の韓国戦が13.8%ですって。

約18~20%だった男子よりは低いけど、JリーグとLリーグの観客数やビジネス規模、メディアでの取り上げられ方の違いなどを考慮すると、かなり健闘した数字だと言えるんじゃないかしら。女子選手は全試合熱が入っていたし、男子も、特に総入れ替えをした第2戦から、若手の気合いが伝わってくる試合展開になったわね。勝ち進んでいたらもっと沢山の人が見てくれたんじゃないかとは思うけど、選手たちの頑張りは視聴者に充分伝わったと思うわ。

女子の北朝鮮戦の日、仕事帰りにS子と待ち合わせて、新宿のサッカースナックへと繰り出してきたの。内装は、狭くてあまり綺麗じゃなかったけれど、アットホームな感じだったわ。客はアタイら2人だけだったの。マスターが、あまり試合に関心がなさげで、ちょっと興ざめした琴代。気兼ねせずに落ち着いて試合を観戦できて、良かったのかもしれないけれど・・。

前日、webで色々なサッカーバールの放送予定を調べたら、女子の試合を放送する予定の店はそこ位しかなかったの。放送してくれただけでも、有り難いと思わなきゃいけないのかも。ただ、メニューでは美味しそうな写真が掲載されていたラーメソが、実際にはインスタントで量も少なかったり、その他のメニューも美味しくなかったりと、雰囲気と食事を重視するアタイとしては、また行ってみたいと思える所ではなかったわ。

大会中、特に宇津木瑠美、矢野喬子の両SBの活躍に、注目していたの。宇津木は守備を意識しつつ、積極的に攻撃参加をしていて、昨年の川上直子を髣髴とさせるような、躍動感溢れるプレーだったわ。矢野は左・右の両サイドの守備が安定していたわね。アテネの時に比べて髪が長くなり、格好良くなってたのが印象的だった琴代。

3試合とも、最後の詰めの”甘さ”が気になったわ。特に、日本人FWで最も突破力がある荒川恵理子の欠場は、痛かったと思うの。中盤では、フィジカルが強くキック力のある宮本ともみの早期復帰に、期待したいわね。

これまで同程度、または弱いチームとしか試合をしていなかったので、今回アジアの強豪と試合できたことは、課題を見つけるためにも、大変良かったんじゃないかと思うわ。若い世代や代表経験の少ない選手も、経験を積むことができたし。W杯、五輪に向けて、熾烈なポジション争いが展開されることによる、個のレベルアップに期待したいわ。

« 大宮アルディージャ vs 横浜F・マリノス戦 | トップページ | 国体予選 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

3試合ともテレビ観戦しました。
視聴率に関しては、昨年のアテネ予選(日本対北朝鮮)のときが12~13%くらいでだったので、健闘したといっていいと思います。
(ただ、女子の競技でいえばバレーボールに遠く及ばない数字ですけど)
しかし、いわゆるスポーツバーで女子サッカー中継を予定したのが1店だけというのはさみしいですね。

大会のほうはウチ(レッズレディース)の安藤と山郷のプレーを中心にみてました。
山郷はひとまわり大きくなったような感じがし、安藤は守備の対応に多少難があるかな?と思うようなプレーがあったものの、キレはよかっただけに、ゴールがほしかった・・・そんな印象です。

アテネ予選の時は、16.3%(瞬間視聴率30%程度)までいったらしいっすよ。いずれにせよ、五輪を機に、女子代表もお茶の間への認知度を、ある程度上げることができたんだな、と感じさせられた数字でした。

スポーツバーは、全部のHPを見たわけではないのですが、男子に比べたら、放送されるところは圧倒的少数っぽかったです。もっとガンガン放送してくれれば、サポーターを少しでも増やすことができたんじゃないかと思うと、残念です。

私も、安藤と山郷を中心に見ていましたよ~(その2人が中心で、それ以外では、宇津木と矢野を見ていました、という感じでした)。関越RBさんと、殆ど同じ印象を受けました。安藤のゴールが見たかったです。

それにしても、山郷さんの去就が気になるわ・・。

最後の韓国戦だけTVで見ました。
アテネ五輪の時とかなり選手が入れ替わっており「世代交代の時期に入ってるのかな?」と感じました。
ただ見ていて「澤選手と安藤選手のどちらが司令塔なのかな?」というのが疑問でした。「パスワークでの司令塔は澤選手」「ドリブルワークの司令塔は安藤選手」というダブル司令塔だったのでしょうかね?
それはそれで見ごたえのあるラインアップだったのですが、守備から攻撃に切り替わる際にどちらを経由するか?が明確になっていなかったのでは?と思いました。(いわゆる速攻を仕掛ける際の足数を少なく前にボールを運ぶという点の事です。)
あ、素人の勝手な感想ですので皆さん怒らないで下さいね。
個人的には年令とプレーバランスから考えてもそろそろ宮間選手がチームの柱になりそうだと確認できたゲームだったのですが如何でしょうか?(Jヴィレッジで宮間選手のプレーを見たときに「丸山選手と一緒で別格だな。」と直ぐに感じさせられましたもん。)
まあ、代表の試合も大事ですがLリーグを今以上に盛り上げてスター候補選手が多く出てくる事を楽しみにしてます。

管理者様へ。新しく書いたブログの内容を告知させて頂くサイトを立ち上げました。宜しければ、ブログ更新の際に是非当サイトをご活用下さい。尚、ご興味無いようであれば、お手数ですがコメント削除の程、宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436964/7230349

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア女子サッカー大会2005:

« 大宮アルディージャ vs 横浜F・マリノス戦 | トップページ | 国体予選 »