最近のトラックバック

« 大宮アルディージャ ナビスコ杯 決勝T進出決定! | トップページ | 浦和レッズレディース vs 伊賀FCくノ一 »

浦和レッズレディース vs TEPCOマリーゼ

今日は、朝から布団乾したり夏物洋服を洗ったりしていたの。布団はずっと陽の目を浴びていなかったので、乾したおかげで、今夜は大変気持ちよく眠れそうよ。

今日は駒場の浦和vsマリーゼ戦を観に行ってきました。いつもは競技場内を歩くのが面倒で、アウェー側に近い位置で応援してるのだけど、今日はホーム側まで足をのばしてきたわ。観客は2,300人位。陽射しが大変強かったので、マリーゼの木村監督のコメントがちょっと気になったことよ。

レッズのフォーメーション

    安藤 若林
木原         山本
    岩倉 高橋
西口 笠嶋 笠井 田代
      小金丸

こんな感じでした。

開始早々、安藤がドリブルから若林へ絶妙なスルーパスを出し、若林のシュートが決まり、いきなり先制。この後試合はマリーゼペースとなったり、レッズに移ったりと一進一退の流れとなったわ。前半終了間際に、高橋彩子のCKからファーに居た木原がヘディングシュートを決め、2-0と点差を広げることができたの。

後半、追加点を取りたいレッズは序盤から猛攻をしかけ、追加点の匂いがしていたわ。岩倉や若林などが何度もシュートを放つのだけど、マリーゼの堅い守備の前に、何とかやっと打つようなループ気味のボールとなってしまい、ゴールを割ることができなかったの。時間が経つに伴い、レッズの選手たちは暑さのせいか、足が止まってきたわ。

マリーゼは選手交代し、反撃に転じてきたの。前回の試合と同様に、キープ力の高いサイドの選手が前線に攻め上がり、幾度となく正確なクロスボールをゴール前に放り込み、チャンスを作り出していたわ。FWの佐藤春詠、丸山桂里奈はレッズDFを抱えてポスト役に徹し、逆にフリーになった青木知里、本間真喜子選手などサイドの選手をうまく活かしていたように思うわね。

マリーゼの1点目は丸山→早坂、2点目はゴール前の混戦でのオウンゴール(丸山のシュートから)でした。その後も両チームの攻防が続くものの、小金丸・増田の好セーブもあり、試合は2-2のドローで終わったの。

レッズは、全体的にコンパクトなサッカーができてたと思うわ。ただ、後半は暑さからか、2-2に追いつかれるまで、運動量が落ちていたし、ミスキックが増えていたかも。対するマリーゼは昼間の練習を毎日こなしているせいもあるのか、後半まで足がよく動いていた。リードしているという”隙”が運動量を落としてしまい、マリーゼが点を入れられたのは、最後まで諦めなかったからだと思うのよね。

勝点3こそ奪えなかったけれど、スタメンの選手、途中交代の新人選手共に、積極的な姿勢が見られたことは今後につながると思いました。

笠井はスイーパーとして、安定した守備を見せていたわ。笠嶋は丸山のマンマーク気味なポジションで、後半こそゴール前の混戦で丸山が起点となるゴールが生まれたけれど、彼女の持ち味である飛び出しやドリブルをきちんと抑えていたと思う。

西口は左サイドからの果敢なオーバーラップを披露してくれたわ。ユニバーシアード合宿がいい刺激となったように思うわね。木原、岩倉はいつもながらの献身的な動きで、攻守に活躍していたわ。フィジカルの強い相手に対してのキープ力をあげることができたら、中盤からのプレスがより効くようになると思うわね。

高橋は接触プレーで足を痛めたのか、後半は見ていてちょっと辛そうな感じだったわ(何度もピッチに倒れこんでいたし)。CK、FKでの正確なプレースキックは健在だったし、前線まで上がってシュートを何本も放つなど、攻めの姿勢を崩さなかったわね。山本は久々のスタメンで周囲との連携が不安だったけど、田代選手と連携していい守備を行っていたし、後半になって効果的なクロスを度々放つようになったわ。派手な活躍はなかったけれど、重要な働きをしていたと思うわよ。

安藤は徹底的にマークされていたけれど、それでも相手DFをひらりとかわしてドリブルに持ち込むのはさすが、という感じ。圧巻だったのは、一度相手DFに囲まれて倒れてしまったのだけど、起き上がってからドリブルで突破し、シュートにつながるスルーパスを出した場面ね。若林はとにかく、よく動き回っていたわ。相手DFへのプレッシャーが速く、こぼれ球ねらいで相手ゴールにも果敢につめていたわ。途中交代となったけれど、暑い中、一番の運動量と積極性を見せてくれた選手でした。

今日の収穫として、新人選手の活躍もあげられるわね。小金丸を中心にDFがまとまってきているし、今日も特に後半、危ない場面を再三しのいでいました。松田は今日初めて見たけれど、背番号を見なければ、遠目には安藤と外見が見分けつかないほどそっくりだったの。最初はぎこちなかったけれど、DFに囲まれた中をひらりとかわしてシュートに持ち込む場面があるなど、才能の片鱗を見ることができたわ。北本と安藤を足して2で割ったような(?)プレースタイルかしら。保坂は、ドリブル時のスピードが図抜けていたわ。高橋唯のようなスピード、突破力を持ち合わせており、ぜひサイドやFWなど、その能力がいきるポジションでプレーを見たいと思ったことよ。

前半リードして、勝てる試合だと思わせてくれただけに、追いつかれてしまったのは残念だったわね。ただ、互いのチームが全力を出した好勝負だったので、観ていて大変興奮したわ。

両チームとも優勝争いから脱落しなかったことは、結果的に、今後のリーグ戦を盛り上げる好要素になるんじゃないかしら。是非、上位チーム相手にアップセットをねらってほしいわね。来週の伊賀戦は、ホームで地の利もあることだし、ぜひ勝ってほしいわ。今季は大宮公園と相性が良いみたいだし。

« 大宮アルディージャ ナビスコ杯 決勝T進出決定! | トップページ | 浦和レッズレディース vs 伊賀FCくノ一 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436964/7230332

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズレディース vs TEPCOマリーゼ:

» レッズレディースvsマリーゼ [ワタシとレッズとその他のサッカー]
浦和レッズレディース vsTEPCOマリーゼ ホーム 2−2 暑い! いやマジで暑い。。。 オマケにビールなんか飲んだものだから、 「ふははは、見ろ!汗が滝のようだ!」(@ラピュタ)とか。 ・・・。 そんな駒場でレディースの試合を見てきました。 いやぁ前半は良かったですねぇ。 前半早々のクリーンゴール&ロスタイムのコーナー→ヘディングゴールで、2−0。 プレスも積極的でしたし、ポ�... [続きを読む]

« 大宮アルディージャ ナビスコ杯 決勝T進出決定! | トップページ | 浦和レッズレディース vs 伊賀FCくノ一 »