最近のトラックバック

« 大宮アルディージャ vs 大分トリニータ | トップページ | SOCCER aiに登場~♪ »

浦和レッズレディース vs 日テレベレーザ

一昨日の夜~昨晩までぶっ続けで仕事してたわ。今日起きたら、何とか試合に間に合う時間だったので駒場に向かったことよ。

ぎりぎり試合開始時刻に到着したけど、バックスタンドが満員だったので、端っこの方に座っていたわ。約3,500人も入ったらしく、なでしこスーパーカップの時並みだったのね。

試合は前半3点、後半4点入れられて0-7で完敗。圧倒的な速さでコートを駆けずり回っていた大野のスピードに翻弄されてしまっていたわ。全日本決勝の辺りから、大野の速攻に対しての苦手意識がある気がするわね。また、ベレーザが前節、強豪TASAKIと接戦を繰り広げていたのに対し、レッズは”格下”チームと3連戦だったため、ベレーザのペースに慣れるまでに時間がかかってたようにも見えたわ。

プレッシャーの速さでも圧倒されていて、ボールを持っている選手にすぐに全速力でベレーザの選手は向かっていたもの。レッズの選手は、安藤以外は、ボールを貰ってもどこへ出すか迷ってる内にすぐにカットされてしまっていたわね。中盤のパスミスも目立ってたわ。DFラインを高くしようとしていたことが裏目に出て、一瞬の隙にカウンターで得点を入れられるケースが多かったようにも見えたわ。また、開幕から出場していた笠井を笠嶋に変えたけど、周囲との連携が重要なポジションなだけに、あえて笠嶋に戻す必要もなかったかもしれないとも思ったり(何とも言えないけど)。

ベレーザは守り主体で、きちんとボールをつなげて無理のない攻め方をしていたわ。個々の技術に差がある以上、守りを固めて失点しないことを前提とした、ワンチャンスをものにするプレーを、今日みたいな強敵には行った方がいいと思う。

DFをまとめていた山郷のぞみ、左サイド・右サイドでそれぞれダイナモとして縦への突破力を持っていた高橋唯、永留かおる、そして何より試合中に選手の軌道修正を行っていた田口前監督の力は大きかったんだと、改めて実感させられるわ。去年の秋に見てレイナスを応援するきっかけになったベレーザ戦(0-0で引き分け)から、ここまで差が拡がってしまったのは大変悲しいことよ。

選手たちも、練習環境はレッズ傘下に入ったことで手に入れることができたし、プロではないから安定した生活を(現状では)求めることはできないから、モチベーションを維持することが難しいんじゃないかと思うの。企業チームになるという選択肢は移籍以外ないだろうから、プレーをレベルアップしてプロ化を目指すしかないけど、それも現状では厳しいだろうし。ただ、L全体の観客数がオリンピックをきっかけに伸びているし、あと1,2年中にプロ化を実現できる可能性も、このままいけば見えてくる気もするわ。

レッズの選手たちが試合後に観客席に挨拶に来た時に、応援席から、選手の肩を押すような掛け声が多く聞かれたのが、救いだったわ。今年のリーグ戦を面白くするためにも、原点に戻り、今何をすべきか真剣に考え、軌道修正してほしいなと思うことよ。

« 大宮アルディージャ vs 大分トリニータ | トップページ | SOCCER aiに登場~♪ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。確かに、ベテランがいなくなったのは大きいかもしれないですねぇ。

それでも、やっていくしかないないし、リーグ戦はすぐ来ます。気持ちを切り替えて、強豪チームが続きますが、がんばって欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436964/7230318

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズレディース vs 日テレベレーザ:

» Lリーグ・浦和レッズ−日テレ・ベレーザ [劇団天野屋 Part3]
2005年5月3日 13時 駒場スタジアム 主審:大岩真由美 浦和レッズレディー [続きを読む]

« 大宮アルディージャ vs 大分トリニータ | トップページ | SOCCER aiに登場~♪ »