最近のトラックバック

« 2005年度Lリーグ | トップページ | 野田朱美さんのコラム »

大宮アルディージャ vs ヴィッセル神戸

今日は久々に大学時代の友子、卒論指導教授と会ってきたわ。絶対王様の「柔らかい脚立」という演劇を紀伊国屋サザンシアターで観劇、その後古風な居酒屋でゆったり飲食し、最後にDVD-Rを買うためにヨドバシへ寄ってから帰路に着きました。

ドクターに今年進む予定の友子は、大学の古い体質について教授と議論を交わしており、アタイはその話題についていかなかったわ。学生時代の友人たちが皆、文系理系に限らず院に進学しており、自分ひとりが就職していることを引け目に感じ、何となく壁を作り、心を閉ざしてしまっていたのかもしれないわね。今更研究職を目指したいとか思わないし、進学したいとも思わないので、自分の決断が間違っていたとは思わないわ。引け目を感じた理由というのは、単にアタイよりも友子たちの方が充実しているように見えて、それが「眩しく」見えたからだと思う。でもま、普段あまり感じることの無かった感情を体験でき、良かったのかもしれないけれど。

帰宅してから、予約録画していた大宮アルディージャvsヴィッセル神戸を見たわ。全体的に、神戸の方がキープ力、技術が上かしらと思ったわね。大宮はDFからMF、FWへと回していく際にボールを取られてしまうことが多かったわ。それでもDFではトニーニョ、MFでは藤本主税がそれぞれ起点となり、徐々にいい形を作るようになっていたの。後半、桜井直人がシミュレーションを取られイエロー2枚で退場になってしまったのだけど、人数が減っても積極的に攻撃を続け、それが結果的にPKを勝ち取ることにつながったのだと思う。サカダイで高木義成が「10人になった時に、そのチームの結束力が分かる」というようなことを話してたけど、今日の大宮は数的不利に陥っても持ち堪えることができていたし、組織力の高さを感じさせられたことよ。

3時20分から始まる東京ヴェルディ1969vs清水エスパルス戦(録画)を見る予定だけど、果たして結果はいかに・・。ここまで起きたのにヴェルディが負けてしまっていたら、ちょっと悲しいわ。大宮戦で初めて動く姿を見て、可愛いと思った三浦淳宏のブログ、ギャラリーなどを見ながら時間を潰すつもりよ♪

« 2005年度Lリーグ | トップページ | 野田朱美さんのコラム »

サッカー」カテゴリの記事

大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436964/7230304

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮アルディージャ vs ヴィッセル神戸:

« 2005年度Lリーグ | トップページ | 野田朱美さんのコラム »