最近のトラックバック

« 高木義成 & 小林弥生 | トップページ | さいたまレイナスが・・ »

W杯予選 日本vs北朝鮮

見目麗しい男子選手の存在に気づいた頃から、男子サッカーも見るようになってきたの。ただ、やはりというか、女子に比べると、それほど熱狂的になるということはなかったわ。それはやはり、女子選手の方により思い入れがあるからだと思うんだけど。対北朝鮮戦では、主にビズアル面から小笠原、玉田などに注目していたの。高原や中村などの海外組をスタメンから外す、というジー子の決断も、アタイの思惑と結果的に一致したので好感を持てたわ。Jリーグに注目するようになったので、国内で活躍する選手に頑張って欲しいと何となく思っていたことも事実ね。

今日の試合では、期待の二人はあまり活躍せず、さらに試合終了後の小笠原のインタブーもぶっきらぼうな感じで、アタイの中で二人の評価は下がってしまったわ。最終予選初戦ということで固くなってしまったのかもしれないけれどね。後半、1-1と同点になった時点で中村の投入により、流れが変わったことにすごく驚いたの。ビズアル的に(?)敬遠していたし、アタイが男子サッカーを見るようになった頃にはとっくに海外に行っていたので、今まできちんと彼のプレーを見たことはなかったのよね。彼が北朝鮮を幻惑するかのように右へ左へ動き回り、パスを回すことで、日本選手のボールがつながるようになったし。

9割5分方、引き分けになると思っていたので、ロスタイムで大黒がこぼれ玉を左足で決めた時、本当に感激したの。代表戦だからという思い入れもあったのだろうけれど、あれだけ追い詰められた中で勝ち越し点を入れるというプレーを見られたので、純粋に感動したんだと思う。もちろん、ワールドカップ出場をかけた真剣勝負ということで、代表選手が真剣に戦ったからこそ劇的な展開が生まれたんだろうけれど。試合が終わり、北朝鮮選手への変なブーイングや暴動、騒ぎみたいなことが起きなかったので、ほっとしたわ。

« 高木義成 & 小林弥生 | トップページ | さいたまレイナスが・・ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436964/7230298

この記事へのトラックバック一覧です: W杯予選 日本vs北朝鮮:

« 高木義成 & 小林弥生 | トップページ | さいたまレイナスが・・ »